パン袋のことならパンの包装工場へ~~☆★★

レジ袋の有料化に伴う今後のパン屋さんについて

対象となる買い物袋についての概要

下記については簡単にまとめたものになります。


 
レジ袋有料化実施時期:2020年7月1日


①省令に基づく有料化の対象となる買物袋の基本定義


消費者が購入した商品を持ち運ぶため に用いる、持ち手のついたプラスチック製買い物袋が対象となります。


②省令に基づく有料化の対象外となる買物袋


 下記のいずれかの要件に該当し、かつ、それぞれ下記に定められる内容が表示されている買物袋については、対象外となります。

①プラスチックのフィルムの厚さが 50 マイクロメートル以上のもの
必要な表示: フィルムの厚さが 50 マイクロメートル以上であり、繰り返し使用 を推奨する旨の記載若しくは記号
(例)「この袋は厚さ 50μ m 以上であり、繰り返し使用することが推奨されています。」

②海洋生分解性プラスチックの配合率が 100%のもの
必要な表示:海洋生分解性プラスチックの配合率が 100%であることが第三者 により認定又は認証されたことを示す記載又は記号

③バイオマス素材の配合率が 25%以上のもの
必要な表示:バイオマス素材の配合率が 25%以上であることが第三者により 認定又は認証されたことを示す記載又は記号

※施行当初は 25%とし ているが、今後の状況を踏まえて徐々に高めていくことが明記されています。


無料化配布されるパン屋さんの場合、現実的に可能な選択肢は、現在①と③になります。

レジ袋の対象範囲についもこちらをご覧ください。

有料化した場合無料化の場合
①複数税率への対応が必要になります。
②袋の価格は最低1円以上
③容器包装リサイクル法での報告義務(対象のパン屋さん)
④オペレーションの変更要 
①オリジナルレジ袋の場合、必要な表示をプリントする必要があります。(版代があらたにかかります)
②いままでのレジ袋は使えなくなります。
③容器包装リサイクル法での報告義務(対象のパン屋さん)
メリットメリット
地球環境+企業イメージUP
レジ袋の負担がなくなる
無料配布により顧客離れを心配せずに済む
ブランドイメージを継続しやすい
温かいパンと冷たい飲み物を分けてお持ち帰り頂ける。
オペレーションの変更不要
デメリットデメリット
顧客単価の減少
売り上げ減の可能性
ブランドイメージの希薄化の可能性
温かいパンと冷たい飲み物袋を分けてほしい場合にレジ袋2枚分の請求をしなくてはならない。
オペレーションの変更要
バイオマス原料枯渇の可能性あり
企業イメージダウン?の可能性
レジ袋の負担が増える(バイオマス袋は通常の袋より3割ほど高い)
バイオマス素材の配合率が増加予定
バイオマスの安定供給が可能か不明

 

今後の対応について レジ袋無料化方針のお客様へ

パンの包装工場ではバイオマス規格品も制作いたします。(規格品は5月より一部販売開始
 特注品印刷を希望のお客様は上記リンクよりご確認お願いいたします。
※小ロット制作に関しては、パンの包装工場で製造させていただきたいのですが、現在、バイオマスマーク認定工場にむけて申請中です。
許可が下りましたら、製作開始いたしますが、順調にいけば4月以降受注開始予定です。
※注文の集中により日本全体でバイオマス原料枯渇の可能性があります。枯渇した場合は、納期に長期かかる可能性がございます。

(時期については遅れる場合がございますので、ご了承いただけますと幸いです。)

仕入れ品(最大手メーカーのバイオマスレジ袋)であれば、受注開始いたしました。ご希望のお客様は上記リンクをご確認ください。
上記内容以外でも製造できます。フルオーダーメイド可能ですので、お気軽にご相談ください。