パン袋のことならパンの包装工場へ~~☆★★

電子レンジ対応 パン袋について

よくある質問について

年に何度か対応するパン袋はありませんか?とのご質問をいただきますので、
ここにいつも返答している内容を記載しておきます。予備知識としてご利用ください。

電子レンジについてですが、
【対応】というのは、(大げさに言うと)どのような高温でも耐えうる袋のことをいいます。

許容範囲内でほんのりと温める程度は、コンビニなどでもされているかと思います。

しかし、実はほとんどのフィルム原材料メーカーは、非推奨となっています。

どのような温度で電子レンジしたのか、使い方は皆さん違います。
超高温でも耐えないと、大きなクレームになる。
石油製品ですから、普通、熱には溶けます。
(コンビニはパンの温め温度管理がされています)

ですので、電子レンジ対応ですか??と聞かれますと、実は、困ってしまうのです。

過度に温める人もいると思います。また、顧客管理も難しいかと思います。

結論

ほんのり温める分には、大丈夫ですよと言いたいが、
フィルム原材料メーカー、後押しが全くありません。
自己判断でお願いしますとなります。
(OPや、IPPではほんのり温める程度では極度のシュリンク状態にはなりません。)

※電子レンジ対応の袋を制作することも可能ですが、
流通しない金額になることが予想されます。